一般不動産投資顧問業登録完了

このたび太田国土交通大臣より、一般不動産投資顧問業の登録完了の通知を頂戴しました。

 

一般不動産投資顧問業とは、顧客(投資家)に対して不動産の価値または不動産の価値の分析に基づく投資判断に関して助言を行う業務(投資助言業務)をいい、まさに不動産コンサルティングの専門家と言えるでしょう。

この登録制度には知識・経験などに審査基準が設けられ、不動産コンサルティング技能試験合格者のほか、ビル経営管理士、弁護士、公認会計士などの資格を有する高い専門性や、1億円以上の不動産に係る投資判断等2年以上の業務経験が要件となっています。

 

本年は皆様方のご支援の下、営業準備にて年が暮れようとしております。

来年以降の本格的な業務開始に向け、今後とも宜しくお願い申し上げます。