公示地価発表

2014年1月1日時点の公示地価が発表されました。

三大都市圏では住宅地・商業地ともに6年ぶりの上昇、全国平均でもマイナス0%台とほぼ横ばいで上昇地点も大幅に増加し、地価の回復傾向が明らかになりました。

 

県内の上昇地点は新潟駅南地区、駅前・万代地区を中心とした新潟市内のみでしたが、湯沢町の駅前7.7%下落を筆頭とする観光地・中山間地等を除いて下落率が縮小しています。

県央地域にフォーカスすると、県央の中心である三条市・燕市は下落率縮小ですが、加茂市・田上町・弥彦村は住宅地において下落率が拡大しました。

 

全般に地価の下げ止まり感がでてきたものの、二極化傾向が進むと言われて久しい気がします。

そもそも二極化とは中央と地方という括りのみでなく、地方の生活圏・経済圏内における二極化も進んでいるということであり、我々業界人としても興味深いところです。

久々に田中角栄先生著の日本列島改造論を読みたくなりました。

 

ハセガワセイトク 拝